(別ブログも運営中)

魂を込めろ!のわぱんの雑記集

のどもと過ぎれば熱さを忘れる

3巻・続編あり|何をしても”不正解”のとき、自分にとっての”正解”でいる【QQスイーパー】ネタバレ考察・感想まとめ

created by Rinker
¥454 (2019/07/23 02:57:09時点 楽天市場調べ-詳細)

こんにちは、のわぱんです。

少女向けまんが【QQスイーパー】のご紹介と考察・感想をまとめています。

 

まだ読まれてない方は*ご紹介を、
読まれた方は*考察・感想を、
「こうやって思うやつもいるんだな」など思いながら横目で読んでもらえたら嬉しいです!

 

※*考察・感想にはかなりネタバレ含んでます。
(シーン説明をはぶいているため、読まれた方にしかわからないような表現も多々あるかと思います)
まだ読まれてない方でネタバレ見たくない方はご注意ください。

 

*ご紹介

QQスイーパー

※こちらは3巻で終了となっていますが、タイトルが「クイーンズ・クオリティ」に変わって続いています

このブログではタイトル単位で分けて書こうと思うので「クイーンズ・クオリティ」の感想は別で載せてます!

→「クイーンズ・クオリティ」はこちら

 

□作者:最富キョウスケさん

(他「電撃デイジー」「ビーストマスター」など)

 

□全3巻

1巻:453円(税込)|全巻:1359円(税込)

 

□あらすじ

天才的な掃除のプロ・堀北玖太郎(きゅうたろう)。校舎内の彼が大切にしている部屋にある日突然現れた少女・文(ふみ)。彼女は身寄がなく、玉の輿を夢見る、ちょっと不思議な転校生で…⁉︎ちょっと見取っつきにくいが凄腕・掃除屋男子と”ワケあり”少女とのラブファンタジー始動です‼︎

(LINEマンガ 1巻紹介より)

 

 

※2019年7月18日(木)まで「QQスイーパー」がLINEマンガにて全巻無料で読めます!

★LINEマンガ試し読み(全巻無料)

QQスイーパー 【期間限定 無料お試し版】1巻|最富キョウスケ|LINE マンガ
QQスイーパー 【期間限定 無料お試し版】1巻|【無料試し読み閲覧期間 2019/7/5~2019/7/18】天才的な掃除のプロ・堀北玖太郎(きゅうたろう)。校舎内の彼の大切にしている部屋にある日突然現れた少女・文(ふみ)。彼女は身寄がなく、玉の輿を夢見る、ちょっと不思議な転校生で…!?ちょっと見取っつきにくいが凄腕・...

「QQスイーパー」3巻全巻無料!!!!

しかも「クイーンズ・クオリティ」も2巻まで無料!!!!!

 

超超超ラッキーボーナス期間です!!!!!

 

LINEマンガでクイクオの最新刊の配信開始と同時にこんな広告が…!

 

どういう条件で出るかわからないですが、私はLINEマンガを友達追加していて、LINEマンガで「クイーンズ・クオリティ」を買ってます。

created by Rinker
¥1,359 (2019/07/23 02:57:02時点 Amazon調べ-詳細)

*まとめ

きました、キュウちゃんと文ちゃん!

黒崎さんと照(電撃デイジー)が抜けきらないまま恐る恐る読み始めたらもう沼だった、、、というこの作品です

電撃デイジー同様、素敵で大好きなまんがです!!

ほんとに、「この作者のこのまんがが好きすぎて、同じ絵で違う物語に入っていけないから他の作品は読まない」とかはね、まじでもったいなかった!!!!

好きなら絶対他の作品も大好きになれるよ、てかなっちゃうよ!

たしかに同じ人が描いた絵だから面影を感じるときもあるけどそれすら楽しく思える絶対!!!もしそう思って一作者一作品にしてる方は試しに他のも読んでみてください。読まず嫌いをなくそう。

私は荒川弘さんの「鋼の錬金術師」も「電撃デイジー」より先にハマりだした大好きなまんがですが「銀の匙 Silver Spoon」とかはまだ読んでません、、、この理論でいえば最高なのは確実、、、でもお金がないんです、、、

 

 

それでは、3巻それぞれの考察・感想まいります!

 

*第1巻【考察・感想】

堀北玖太郎くん登場。はい大好き。

「電撃デイジー」の黒崎さんを彷彿とさせる人相の悪さ。そしてスタイルの良さ。はい、大好き。

キュウちゃん目線からスタートです。

続いて学校の一室で布団敷いて寝てるヒロイン西岡文ちゃん。はい文ちゃんも大好き。

文という名前好きです。子どもできたら文ちゃんにしようと思ったくらいどストライクです。

玉の輿を狙う貧乏高校生。

 

このギャグちっくな感じ安定の雰囲気です!!大好きな雰囲気です!!ほんとに最富キョウスケさんのまんがが好きです!!

 

 

「大きな古い扉」がこの物語のキーワードですね。

キュウちゃん(玖太郎)と文ちゃんが通う学校の理事長、喜田川鉱一さんがまたいいキャラです。

こんな若いイケメンが理事長とはいいなあ、といい感じに進むとまさかの

お 虫 大 量 発 生 ! ! ! ! ゴビーン

すいませんまじで最富さんのまんがでなかったら放り投げるほどのお虫たち。少女向けまんがにあるまじきグロさ。しかしよく見ると「エーン(泣」や汗の表現とかわいい加工がされている。かわいくない。

これがしばらく続くんですよね。

リアルではないが、きちんと描かれているため直視できない。作者の最富さんはお虫嫌いどころかちょっと好き寄りらしく、そういえば「電撃デイジー」でもリアルめのゴ◯ブリ書いてましたよね…

 

 

しかしこの「お虫」と「古い扉」が深く関係しています。

※虫、って書くと生々しいのでお虫と表現しています。イラッとさせたらすみません。

 

 

 

不良たちが汚した部屋から例の((( お 虫 大 量 発 生 )))に出くわす文ちゃん。

で、ね、来てくれると思ったよキュウちゃん!!!

お姫様抱っこ軽々として、、、キュウちゃん!!!

赤面してる文ちゃんかわいいんだ、、、

 

 

 

そして2話(おそうじ2)の扉絵が完全に黒崎さん!!(ぜひ確認してみてください)

哀愁ただよう黒崎さんでした。スニーカー似合わない黒崎さんでした。(キュウちゃんです)

 

 

 

そして扉から「タスケテ」「オネガイダレカキテ」。

何の知識もなく入ったらまずい「扉」に入ってしまった文ちゃん。私なら逃げる。

ここからファンタジーな世界観が始まります。

(初見のときこの世界観をすぐに受け入れられず引き返そうかと思ってたけどその先へ行ってほんとによかった…まじで読まず嫌い怖いよ)

 

わかる方いるかな、最富さんのまんがの、目を閉じたときの真っ黒じゃない感じ(?)あたたかい人の感じがすごく好き。ちょっと透けてる感じ(?)。

 

 

人の心の闇を引き出してそれをエサにする化け物、というのは田辺イエロウさんの「結界師」でもありますよね。なんかそういうものがほんとにあるのかな。

キュウちゃんしかり結界師の金剛しかり心を安定して強くいることが大事です。(誰だよ)

 

そして玉の輿至上主義!の文ちゃんセンサーがピクリともしなかったキュウちゃん家が大豪邸でしたね。

だってまんがってそういうものじゃん?家業(お掃除屋さん)がこんな特殊でお家貧乏ってなんかやじゃん?でも全然嫌みなお家じゃないんですよほんとに優しくてあたたかい人ばかりの世界です。

 

 

そしてお虫に噛まれて寝込むキュウちゃんの破壊力すさまじいな?序盤のキュウちゃんとのギャップな、弱ったとき話し方が幼くなる最富さんの男性キャラたちかわいすぎるな、追いつかないよな

 

 

悪い夢を見たら呼んで、ってQQスイーパーのときからあったやつなんだ。電撃デイジーのみなさんしかりこういう「考えて行動してる大人たち」が好き。

これは夜に弱った精神を狙われないように呪いをやり過ごすための知恵ですね。(こういうのほんとに素敵)

 

 

身よりのない文ちゃんを家政婦として、キュウちゃんのパートナーとして、住み込みで堀北家に仲間入り。

 

そこでキュウちゃんに好きな人がいるということを理事長から聞く場面、

ここで初見のときはストレートに「好きな人=文ちゃん」か、「好きな人=昔の幼馴染だけど会えず、もしくは会えたけど恋に発展せずなんだかんだあって文ちゃん」という仮説を立てながら読んでいたのを思い出します。

 

 

結果………「好きな人=文ちゃん」でしたね!!!

それがいい!!!一番いい流れ!!!!そうであれと願っていた!!!

 

さらにここでまた!

うなされて寝汗が光かがやく玖太郎様(一瞬 金の卵候補だが予選落ち)…!!

行かないでふゆちゃん…と泣きながらうなされるほど想っているとわかって落ち込んでる文ちゃん。キュウちゃんのこともう好きになんだね。

でもここから(というか変わらず)キュウちゃんの態度は冷たい。

けど、

自分のお家のお仕事に誇りと責任をもってるキュウちゃんがかっこいいんです。

 

 

………私、まんがを読みながら思ったことを都度こちらに書いていますが、そのときどきの興奮をそのまま書いてしまってすみません。

突拍子ない文章ですがなんか少しでも共有できたらなと思います。

 

 

さて、戻りまして、

坂口くんのお家にケアに行く途中、文ちゃんが夜にキュウちゃんのお部屋に入って起きたことを謝るところがありますが、そこでキュウちゃんも「違う女の子と人違いをしたから謝るのは俺のほう」ってほんとによくできた男の子なんだ、、、!

 

坂口くんはケガをして部活を続けられなくなったことをきっかけに自分を雑に扱うようになったんですね。

まずは荒れきった汚部屋を片付けて長期でケアしていくところでしたが、キュウちゃんの心のある言葉で救われる坂口くん。

「自分ばっかり責めなくていい」って。「野球の道具がそう言えって言ってる気がした」って。

優しいね。

きっと道具が使い込まれたものだってわかったんだね。

 

 

そして電撃デイジーのキャラが出てくるのめっちゃ嬉しいですよね!!!

一番最初は理子さん。

電撃デイジーでもスクールカウンセラーをやってたから今回の人の心を扱った物語での登場もうなづけます

そして「身内に人物調査とかが得意な方が…」と、黒崎さんたちもくるぞ!!!!やった!!!

この1巻あとがきにも照と黒崎さんでてきますね(後ろ姿だけでも十分表情を想像できる、、)

 

 

 

物語と関係なくてすみませんが、ファンレターとか書いたことないけど最富さんに書いてみよう、と画策しています。

すごく好きなことと、すごくたくさんのいろんな感情をもらったことと、作品中に出てくるおばあちゃんの知恵袋的な知識と、発売を楽しみにしてるその楽しみをくれて、もうとにかくありがとうございます、と、これからも頑張ってください、と、めっちゃ応援してます、と伝えたい!!

あと直接(ではないけど)応援できる「まんが購入」とかならいくらでもできるので!これからもしていきます!

 

電撃デイジーは小学生のころから買っていたので紙として全巻持っているけど、電子書籍に統一しつつある今、通勤で読んだりもしたいので電子書籍でも購入する予定です。

ほんと惜しみようがないです。くらい好きです。

 

 

 

そんなところで鉱一さんが身元の不明確な文ちゃんの人物調査を依頼するという不穏な雰囲気のまま2巻にまいります。

created by Rinker
¥463 (2019/07/23 02:57:09時点 Amazon調べ-詳細)

*第2巻【考察・感想】

引用:「QQスイーパー」2巻5ページ

キュウちゃんがトラウマだから突然俺の前からいなくなるなっていうところとかね、ウチガワに入るのは俺と一緒じゃなきゃダメだとかね、なんか天然でたらすじゃんねキュウちゃん、、、

あとよく文ちゃんの頭なでてるの地味にちゃんとみてますよ、、、肩を抱いたりなど意外とスキンシップしますよね、、

あとちょっと先ですが清水川くんのウチガワに入るときの耳元での言葉攻めもね、ほんとやばいです、私も、、やられてみたい、、、、

 

 

両親が芸能人という男子(清水川くん)に呼び出され何かと思いきやいきなり首しめられる修羅場。

(そこで文ちゃんが目潰しとかの護身術を使ってるのは後から出てきますが小さいころキュウちゃんのお父さんから教わったものですね)

その清水川くんに取り憑いたお虫に

オマエは呪イノ娘
ミンナ人生めちゃくちゃにサレル

と言われる文ちゃん。

2巻冒頭、キュウちゃんの夢で昔のキュウちゃんとふゆゆちゃんの会話でピーーが入ってるところがありましたがこれが「呪いの娘」だったんですね。

 

呪いの娘なんだとここでも思い知らされて、堀北家に迷惑をかけたくないと深夜にこっそり家をでていく文ちゃん

を全力で追いかけるキュウちゃん!!

けっこうな勢いで走ってたように思いますがつかまえたときまだ家の敷地内ってどんだけ広いんだよ堀北家、、、

引用:「QQスイーパー」2巻77ページ

 

鉱一さんの言った強めの「(家の中に)入りなさい」とかね、優しく言うだけじゃだめだとか、説得してそうさせるのではなく自分で納得させるためにも、あえてそういう言い方をしたりする感じ。大人の見本のような方たち。電撃デイジーのアンディとかも。素敵。

 

これまでの事情を話すなかで“10年前以前の記憶がない”という文ちゃんの言葉に引っかかるキュウちゃんと鉱一さんとおばあちゃん。

といってもキュウちゃんは、自分のことを知らないのは記憶がないから?ということは文=ふゆちゃんは成立するのか…?ということを考えていて、

鉱一さんとおばあちゃんは10年前にキュウちゃんの両親が亡くなった「白虎門の大病」が起きたのと同じころ…と考えています。

 

 

そのあと”呪い”は専門分野だから、と文ちゃんをあたたかく受け入れてくれる堀北家。

文ちゃんはすぐにYESと言わず、「何が嫌なんだよ」とムキになって、おばあちゃんにたしなめられて寂しい表情で部屋を出ていくキュウちゃん。

電撃デイジー(の話ばかりすみません)の黒崎さんは”大人”だからいつもどこかセーブしながら照と過ごしていたけど、キュウちゃんは高校生だからか、こどもって感じで素直でかわいい。

 

この夜またいつもの悪い夢をみた文ちゃん。

キュウちゃんに言われた「悪い夢をみたら 呼べ」という言葉を思い出してキュウちゃんのお部屋に、、、

(そのとき拗ねて金平糖をやけ食いしてるキュウちゃんかわいい)

行ったら追い返されそうになったところからの抱擁~、、、!……からのベッドイン、、、、!

追いつきません!!コミュ障で距離感わからないとかのレベルじゃないからまじでたらしすぎだから!!!健全な男子高校生が添い寝を平然としようとするな!そのままでいてくれ、、朝まで添い寝してくれ、、

 

でさらに押し倒すと。

金平糖食べる姿がふゆちゃんそのもので高まるあまり押し倒すと。

大興奮。

したまま????押し倒したまま??????続きはおあずけ????????これリアルタイムでおあずけだった方ほんとお気持ちお察しします(私は光の速さで続き買いました)

 

また何やら不穏な、骸思遣い(むしつかい)が文ちゃんを狙っているとかなりシリアスで終了。

切り替えれないよ、、、、押し倒されたことしか入ってこないよ、、、

(2巻のあとがきに「お掃除以外にもテーマがある」とありますがこれは何だろう)

 

*第3巻(最終巻)【考察・感想】

表紙の文ちゃん目が赤いのはあれですね。クイーンですね。

2巻最後に押し倒した体勢から始まりましてキュウちゃんチュウとかしちゃうんじゃないの?むしろすればいいと思うよと祈り、どんなラブラブ展開かとページをめくるとまさかの賢者タイム(言葉悪くてすみません)

寸止め…冷静になるな男子高校生よ…

文ちゃんが言ってる呪いと記憶をなくしていることと、文ちゃんこそふゆちゃんであると伝えてしまうことは何か関係するかもしれない、と。(この状況でこれを考えられるってさすがすぎるし正解だよ…)

その後のフォローも苦しい。が、しかし誠実。相手を想うがゆえの行動。素敵です。

でも漏れる本音。ここはやはりキュウちゃんらしい駆け引きのない言葉。

 

 

お掃除屋さんとして大事な修行の一環で、

常に自分の心に敏感になれ よく観察しろ
いつ不愉快でいつ快適なのか どうしてなのか
どんな場面で心が乱れるのか どうすると安定するのか
それからどういう時に自分の心が いちばん幸せだと感じるのか

心理学に興味があり、スクールカウンセラーになりたいと考える私にとって大変勉強になるまんがでもあります。

もちろん職業にしようとは思ってない人にとっても普段の生活のなかで、自分自身とうまく付き合っていくための知恵を大なり小なり身につけることができるまんがと思います。

 

 

 

さて、文ちゃんの首しめた清水川くんすっかり毒気が抜けてなんかほんわか系になっている。

 

坂口くんも良キャラになってましたね。

文ちゃんをいじめている人たちを軽くいなして、たしなめたり。

しかもあれから真子ちゃん(幼馴染の子)と付き合っていると。良カップルです。お幸せに。

 

 

 

14話(おそうじ14)では、妙な電話をしてきたいじめの根源カオリちゃんを探していますが、前の話で

”鉱一がいろいろ連絡つけてる”

って言ってたの理子さんたち…!!

特殊機関のコネ=マスターと黒崎さん…!!

なんかすごい嬉しいです

繋がってるんだ、というのと大好きなキャラクターたちがまた出てきた、というのとなんかいろいろ嬉しい設定。

 

 

そしてムシ遣いアタルとの掛け合いナイスです玖太郎さま!!!

ずーーーーっと待ったしずーーーーっと好きだったの、、、かわいい、、、

 

落ち込んでる人(カオリちゃんは落ち込んでるどころじゃないけど)に小手先でうまいこと励まそうと”いい言葉をかけなきゃ”と思ってしまうことを、そうじゃなくて自分がその人に対して思っていることを純粋に伝えればいいって電撃デイジーの照のお兄ちゃん奏一朗も言ってたね。

作者の方にとって伝えたいことの一つなんですね。

そういう、作品から作者の方の人柄とか思想が汲みとれる(あくまで私が受け取るイメージですが)とまんがって本当におもしろいです。

 

 

 

アタルがカオリを操って殺そうとしたとき

ついにクイーンが覚醒。アタルいわく”出てほしくない方の”クイーン。

ここの文ちゃんが超きれい。

 

あのころみたいに  きゅうたろーくん って言って意識を飛ばす文ちゃん。

引用:「QQスイーパー」3巻149ページ

このキュウちゃんがすごく愛情が深くて、言葉選びが素敵です。(一歩間違えば一歩間違えるような発言も両思いだとこんなにも純粋でキレイになるんだ…)

あのころの自分がふゆちゃんを止められず”悪いところへ行かせてしまった”と思ってるからもうそんなことにはさせない、と思ってるのかな。せつない。キリキリする。あともう普通に絵がうまいです。

 

 

 

そしてウチガワへ行ってカオリちゃんを助けるところ

泣きます。泣くところです。

人の強い感情に触れると私は涙がでるのですが

まんがでも、それは同じで

強い気持ちで必死に伝えたい文ちゃんと、必死に殻を取り壊そうとするカオリちゃん

に感動します。文字どおり感情が動きます。

ほんとにうまいんです、素敵なんです、こんなまんがを描いてくれてほんとにありがとうございます。

(そして小学校のときなにかの病院の待ち時間用にってベツコミ買ってくれた母と、途中から読んだのに気になって電撃デイジーの単行本を集めだした自分に感謝!!!!)

 

そして「QQスイーパー」はここで終了です。

最初にも書きましたが3巻で一旦終了し、

タイトルが「クイーンズ・クオリティ」に変わって続いています

「クイーンズ・クオリティ」の感想は別で載せます!

 

 

そして

ちょいちょい出してた同じ作者最富さんの「電撃デイジー」が私のこころのまんがです。

そちらは紙のまんがとしてお家にあるのですが、主にブログを書く通勤時間に読めないため少し時間はかかりますがそれも感想書いて載せます!!

(紙で読み始めるのがはやいか電子書籍を買うのがはやいか…というところですが)

 

 

電撃デイジー

QQスイーパー

クイーンズ・クオリティ

推してまいります!!!!!

 

 

 

以上、ここまで読んでいただいてありがとうございます。

私が感じたことと違う解釈・感想だった方はぜひ聞かせてほしいです。
また違った視点で読めたらいいなと思います。

そして今回ご紹介したまんがを読んでこの興奮を共有しましょう!!

 

 

のわぱん

コメント

タイトルとURLをコピーしました